国際研究インスティチュート( IIS )とは

国際研究インスティチュート(IIS)は、学生・院生はもちろん、すでに実社会で活躍されている若いビジネスマン・専門家、家庭の主婦やリタイアされた高齢者の方々に幅広く学びと活動の場を提供するというユニークな役割を担っています。講師・会員・一般受講者が同じテーブルで討論等を楽しむだけでなく、定期講演会や読書会、プロジェクト等で得られた知識や経験をさらに発展させ、政策研究や自身のキャリア・アップに役立てることができます。

 

国際研究インスティチュート(IIS)の目的

日本は発達した資本主義国家で、そこには優れた研究の成果や先端的科学技術、知識・経験等が豊富に存在するといわれながら、それらを相互につなぎ合わせてソフト化・政策化し、政策当局に実行を迫るメカニズム・機能体が不足しているとしばしば指摘されます。「知の集積」といわれる非営利・独立のシンクタンクの欠落もその一つですが、大学や企業、農漁業者等の力を動員して国民の政治や政策形成への関与を強めなくてはなりません。しかし、グローバル化の下、それが十分でないため、国益が護れず、日本国民が不利益を被る場面も増えています。政府や政党が多彩に公約を並べても、確固たる理念を欠き、現実に立脚した政策・戦略を提示できず、豊富な知識や経験、技能を備えた人材も用意できなければ、平和で豊かな生活を国民に保証することはできません。

「国際研究インスティチュート」(IIS)はこれまで培ってきた教育研究能力や独自のネットワークを動員し、非営利・独立の政策研究機能も追求しつつ、政治・経済・社会が提起する様々な問題について世代を超えた議論を組織するユニークなプラットフォームです。年齢・職業・性別に関係なく、社会の各分野で働く人々を幅広く結びつけ、意見や知識・経験の交流を促し、これを制度やシステムの改革にまでつなげることができれば新しい日本の創造も夢ではないでしょう。縦割り社会とは相入れない、新しい形の議論と交流のプラットフォームを通じて人材育成・政策研究という課題を追及し、更には政策当局に実行を迫る組織を構築していきたいと考えます。

 

国際研究インスティチュート(IIS)の研究内容

  • グローバル化・情報化・市場経済化の下での世界の変容と課題の研究
  • 戦後70年の歴史と日本のあり方を考える
  • 次代を担う現代社会の若者の想い・悩み・役割とは何かを考える

グローバル化や情報化の加速の下で世界経済と国際関係は大きく変わりました。溢れるばかりの豊かさや便益が約束される一方で、格差や貧困も際立ち、資源や領土、宗教をめぐる対立や紛争も激化し、世界はいま厳しい試練に曝されています。とくに、2008年の金融経済危機以降、世界の政治経済システムは大きく動揺、紛争や対立の深化を内容とする「パワーシフト」が現実化しました。「G20」の時代がそれですが、協調と対立が地球規模に広がる新しいグローバル化時代の始まりと見ることもできます。

冷戦後のグローバル化は国境を越えた領域での人、モノ、カネの大規模な交流を実現させ、豊かさや便益をもたらしましたが、変化に対応する制度や政策の構築が間に合わず、混乱も広がっています。グローバルな視点と国民的利益に立った制度と政策の構築、研究・教育改革、経済社会の高度化・多様化を求める動き等が強まっているのもそのためです。国・地域・企業・個人がそれぞれの居住まいを正し、変化の時代に適応する知恵と能力を磨くことが今ほど求められているときはありません。

東日本大震災と福島原発事故は日本経済と国民生活を大規模に破壊し、世界に衝撃を与えました。資源争奪や環境破壊も地球規模で進行する中、私たちはどのような生活・社会を選択すべきなのか、本質的な議論をし、改革を実施していかなくてはなりません。